学習でつまづかないために小1でつけておきたい習慣

雑記

こんにちは!うずそらです。
日々、子どもたちの家庭学習がよりよくなるように
研究しています。

今回のテーマは、

「小学1年生でやっておきたい習慣づけ」です!

低学年のうちは、学習面で大きな問題にあたることは
そうそうないですが、中学年~高学年では、
壁にぶつかることがあります。
そのほとんどの理由が、
学習についていけないことが原因です。

うずそら
うずそら

そうならないためには

どうしたらいいのか?

本記事でわかること

・1年生のうちにやっておきたい習慣(理由も含む)
・なぜ、習慣づけが大切か
・習慣のつけ方

小学1年生でやっておきたい習慣

娘、息子を振り返ってみて、私が、
やっておいてよかったと思うのは、
以下の2つです。

「家庭学習の習慣づけ」
「読書の習慣づけ」です!!

うずそら
うずそら

習慣づけるって、簡単にできることでは

なく、時間もかかることなので、
めちゃくちゃ大変でした。
しかし、娘も息子も、
この習慣づけができていたおかげで、
家庭学習・読書をするのは、
当たり前のこととなり、
学年があがるにつれ、自分で計画をたてて、
学習・読書をするようになっています。

やっておいてよかった理由

【家庭学習の習慣づけ】
学年があがるごとに、学習内容は難しくなります。
特に小学3年生から学校の授業がぐっと難しくなり、
このころから、学力差が生まれ始めます。

毎日の家庭学習が、習慣化していたので、
基礎がしっかりできており、
低学年の学習の取りこぼしもなく、高学年にあがっても授業に
しっかりついていくことができております。

【読書の習慣づけ】
学年があがると、学習に大切な教科書の文も長くなっていきます。
活字に慣れていたので、教科書の長文や、
学力テストの長文に拒否反応を示さず、
また、本から、さまざまな知識を習得できて
学習に役立っています。

なぜ、習慣づけが大切なのか?

1年生の学習は、正直な話、まだ、
難しい問題が出たり、内容も難しいわけでは
ありません。
宿題もすぐ、終わってしまう内容ですし、
授業を聞いていれば、
ついていくことができます。
それでは、なぜ、習慣づけが大切なのか?

1年生というのは、とても純粋です。
いろいろ吸収しようと意欲があります。

この時期に、宿題+αの家庭学習の時間を
毎日、取るようにしておくと自分の中で、
当たり前のこととなり、
ルーティン化することができます。

この習慣づけを、学年があがってから行なうのは
本当に大変です。
3年生くらいからプチ反抗期が始まり
高学年では反抗期突入です。
何度も「勉強しなさい!」と言っても、
素直に聞くことはなく、
親子ゲンカのもとになります。
お互い、ストレスフルな毎日を過ごすことに
なりかねません。
なので、「鉄は熱いうちに打て!」のように、
早い時期から、家庭学習するのが当たり前、
読書するのが当たり前と
もっていくほうが、
お互い、精神的にラクになります。

どうやって習慣づけた?

方法は、いたって、簡単です。

ルールを決める!!

我が家のルールは、
「学習スタートの時間を決め、
やることをやってしまったら、
あとは自由に好きなことをしていいよ」と
読書に関しては、
「寝る前の15分を読書タイムにする」
となっています。

このルールを、ひたすら、毎日、
続けました。

ルールは、徹底して守ること

子どもは、いや、大人もですね。
どうしても、ラクなほうに
流れていってしまうものです。
「あとでやる~」の言葉に、
「今日だけね」とOKを出してしまうと、
次も、そして、また次もと、
ズルズルのびていき、ルールが
壊れてしまいます。
なので、決めたルールは、
徹底して守りましょう。

小学1年生の1年間に、徹底してやると、
それが、当たり前となり、習慣化につながります。

習慣化させたいなら、朝の時間を使うのがおススメ。

まず、朝、使える時間は、起床してから、登校前までと決まっていて、
計画をたてやすいです。
また、放課後にくらべると、体の疲れもなく、
頭もすっきりしているので、
学習や読書に取り組みやすいです。

はじめのうちは、たくさんの家庭学習はさせない

よく、宿題以外の家庭学習の時間は、
「学年+10分」と言われています。
そして、子どもの集中力が続く時間が
5~10分です。

学習する量としては、
プリント1~2枚くらいで、
ちょうどいいかなと思います。
無料のプリント学習ができるサイトも
あるので、利用してみてもいいです。

もしくは、コストがかかりますが、
通信教育を利用するのもありです。
1日分がうまく調整されています。
我が家は、Z会を利用しました。

↓公式のZ会さんのサイトはこちら↓

Z会 小学生向け講座

まとめ

小学1年生は、習慣づけをするには
最適な学年です!
この1年を、頑張ることで、
学習の幅も広がります。
また、別に習慣化したいことが
あるとき、すんなり習慣化することが
できます。
我が家は、朝勉(息子)、ピアノ練習(娘)を
追加しましたが、1年生のときほど、
時間がかからず、習慣化することができました。

すぐに効果が出るものではありませんが、
学年があがるにつれ、習慣化した学習と読書が
効果を発揮しますよ。
ぜひ、小学1年、遅くても低学年のうちに
家庭学習と読書の習慣化をしておきましょう!

この記事が参考になれば幸いです。

更新の励みになるので、よかったらポチッとお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました