【効果あり!】小学生の算数の問題集の使い方

家庭学習

こんにちは、うずそらです。

我が家では、通塾せず、
家庭学習をやっていますが、
家庭学習をするうえで、問題集は、
切り離すことができないものです。
その問題集ですが、みなさん、
どのような使い方をされていますか?
解答を、直接、
問題集に書きこんでいませんか?
問題を解きっぱなしにしたり
していないですか?
実際、我が家でも、
子どもたちが、直接、
書き込みたがり、問題集に
直接書き込んでいたのですが、
書き込んでしまうと、
間違った問題が出たとき、
日をおいて、やり直しをしにくくなります。
なんと、もったいない使い方を
したんだと、若干、へこみました。

今日は、
学習効果があがる問題集の使い方
ご紹介したいと思います。

問題集は1教科につき1冊にする

本屋さんでは、問題集が、所狭しと
並んでいて、目移りしてしまい、
あれも、これもとさせたくなる気持ちは
わかりますが、子どものキャパシティーにも
限界があります。中途半端になるよりは、
1冊をしっかり取り組むほうが
効果があります。

問題集の難易度は、やさしすぎず、
難しすぎずのものがいいと思いますが、
選ぶのが難しいですよね・・・。
なので、私は、毎月届く、
Z会通信教育のハイレベルの問題
基準にして選んでいます。
なので、初めは、Z会グレードアップ問題集に
なることが多いです。
我が家は、
算数だけ、2冊(平日用、休日用)として
やっています。

問題集に直接書き込まず、コピーする

<用意するもの>
・コピー用紙
・クリアファイル

息子がやってる最中のハイレべ100 2年です

冒頭でお話ししたように、
書き込むと、間違えた問題を
やり直すことがしにくいので、
問題集をコピーしてから、
取り組んでもらいます。

間違えた問題は、やり直しまで終えてから、
クリアファイルで保管します。

我が家は、複合プリンターがあるので、
コピーしていますが、プリンターが
ないときは、問題集専用ノートに
解いていくといいと思います。
ノートにする場合は、
繰り返し学習するために、
問題集の間違えた問題に
印をつけておきましょう。

やり直しは、すぐするのと、時間をあけてからしましょう

間違えた問題は、その場ですぐ
やり直しをしましょう。
やりっぱなしは、ダメです。

そして、時間をあけてから、
再度、間違えた問題のみ解いてみましょう。
我が家では、時間をあける期間は
2週間くらいあけています。
答えを丸暗記してしまっていたりするので、
我が家では、時間を長めにあけています。
2.3回目も間違ったら、また、
時間をあけて、合うまで、繰り返します。

問題集に書き込んでしまったときの
時間をあけてからのやり直しは、
ノートに、間違った問題のコピーを
貼ることをおすすめします。
ノートに書き写したり、エクセルで、
問題をうちこんでプリントアウトしたり
しましたが、すごく、労力がいり(私の)、
大変だったからです。
間違った問題をコピーして、はさみで
切り取って貼るほうが、楽ちんでした。
そして、間違ったら、また、問題集に
印をつけるを繰り返します。

やり直しの日の目処をつけるために、
やった日付を書いておくといいとですよ。

解き方を説明してもらう

丸つけをするとき、子どもに、
どういう解き方をしたのか、説明してもらいます。
説明してもらうときは、この数はどこからきたのか、
どうしてそういう式になるのかを
自分の言葉で説明することによって、
さらに理解が深まります。
よく、答えはあっているけど、
途中の式が違ったりすることがありませんか?
その場合も、子どもから説明を聞きます。
違うアプローチで、答えを出しているので、
○にすることが、我が家では、よくあります。

初めは、たどたどしく説明していきますが、
何度も繰り返していくと、
説明の要点をつかんできたようで、
説明もスムーズになります。

最後に

今日は、効果があがる問題集の使い方を
ご紹介しました。

・問題集は1教科に1冊
・問題集に直接書き込まない
・やりなおしをすることで、
 繰り返し学習をする。
・理解しているか、解き方を
 説明してもらう。

このポイントを押さえて、1冊を
やりきったら、学習に取り組む姿勢が
変わります。
実際、この方法で、やった我が家の
子どもたちは、最初のうちは
少しでも難しい問題があると、
すぐ、べそかいたり、投げ出したり、
はぶてたりしていましたが、
「ハイレべ100 さんすう1年」を
完璧にやり終えるまでに
上の子(当時小3)は3周、
下の子(当時小2)は5周、
かかりましたが、
明らかに問題への取り組み方が
変わりました。手を動かして、
ああでもない、こうでもないと
考えるようになりました。
親も付き添う、根気のいる方法だと
思いますが、やって損はないです。

みなさんの参考になれば、幸いです。
ご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました