家庭学習で成績はのばせる

家庭学習

こんばんは、うずそらです。
「うずそらの家庭学習」にお越し下さり、
ありがとうございます。

昔では、小学校のうちから、塾に通うというのは
珍しいことだったと思いますが、
今は、完全に逆。中学受験をしなくても
塾に通うことが普通になっています。

実際、上の子(小5)のクラスでは、
中学受験する子を抜いて、塾に通っていない子は、
我が子を入れて、片手で数えられる人数。
もはや、塾通いをしていない子は、
ソシャゲでいうなら「SSR」のキャラ状態です。

ただ、周りを見ていて感じたことは、
低学年のうちから、家庭学習をおろそかに
していた家庭が多かったです。おろそかにというのは、
家庭学習は宿題のみで、プラスαは
一切していないということです。
(あくまで、私たちの周りで・・・です)
軒並み小4の小数の掛け算、割り算で、
理解ができず、テストの点数が悪くて、
夏休みの夏期講習から通塾というのが多かったです。

塾の存在を否定しているわけではありません。
我が家も必要とあらば通うでしょうし、
本人から要望があれば、通うでしょう。
塾に通っても、家庭学習は大切だと思っています。

小学生になってからの家庭学習

我が家は、公立中学校→公立トップ高校or本人の望む高校へ
進学していきたいと思っています。

二人とも、低学年の間は、そばについたりして、
可能な限り、学習に関わるようにしました。
まずは、机について、学習する!を定着させるというのが
第一目標でした。
上の子が3年生になったあたりから、簡単な計算などの
丸つけをしてもらうようにして、少しずつ、手をかけることから、
目をかけるようにしました。
下の子は、まだ、幼さがあるので、もう少し、
手をかける必要があるなと感じています。

二人とも、Z会の通信教育が学習のメイン

上の子が、小学1年の5月から、
Z会の通信教育を始めました。
いろいろ資料請求
(進研ゼミ、ドラゼミ、ぶんぶんどりむなど)をして、
最終的には、娘と話し、解いてみて、
問題が楽しかったという娘の気持ちを
最優先しました。

料金は、ほかの通信教育より
お高いですが、問題の質のよさに
満足しています。

ハイレベルの問題は、学校では教えてくれない問題が
多く、かなり考えます。
テーマに「考える力が未来を拓く」
かかげているだけあります。
考える力、これから先、必要です!
我が家では、最初は、自分の持ってる知識
フル動員して考えて、解くまでやります。
間違えても、また、考えるを3回くらい
繰り返し、それでも、丸にならないときは、
解き方は教えませんが、ヒントを教えます。
解き方を教えると、自分で解けた気になり、
次、また、解けないということになるのと、
ヒントで解れば、それは、小さな成功体験に
繋がると私は思っています。
なので、ヒントを教えます。
ヒントは、回答をみて、私が作っています。
なので、私も勉強です。
Z会は掲載される順番によっては、予習になることもありますが、
我が家は、復習に重点をおいているので、
習うまでと、Z会の通信教育が終わった後は
別の市販の問題集
無料の学習プリントを使用しています。

動画での説明がほしいときは?

Z会や、市販の問題集で、つまづいたり、
理解があやしいなということもあります。
そういうときは、動画での説明があると
理解も深まります。
我が家は、Youtubeの
「とある男が授業をしてみた」という
はいちさんの動画を見て進めていってます。
子供たちいわく、「ものすごくわかりやすい」そうな
実際、下の子の苦手分野である
「時間」の学習は、はいちさんの動画を見せて
間違いのやり直しをしたとき、
「あ、これ、はいちさんがいってた
60分プレゼントをしないといけないやつだ!」と
すぐ、実践することができていました。
せっかく、身になる動画がYoutubeにあるのなら、
これを利用しない手はありません。
他の教科は、今、「スタディサプリ」を検討しているところです

使っている問題集は?

【娘】

  • 算数:Z会グレードアップ問題集(計算・図形、文章題)、計算ドリル
  • 国語:ハイクラス読解力(受験研究者)
  • 理科、社会:自由自在

【息子】

  • 算数:Z会グレードアップ問題集(計算・図形、文章題)、計算ドリル
  • 国語:Z会グレードアップ問題集(漢字・言葉)
  • 理科、社会は検討中。おそらく、グレードアップ問題集になるかな。

二人とも、休日に、「ハイレべ100 算数」をやっています。

子ども用新聞も活用

活用法は、

  1. 1日1記事を音読(息子)
  2. 新聞ノート
  3. 天声こども語の書きうつし(今はストップしてます)

1.記事の音読は、息子の語彙力向上のために
最近、やり始めたことです。
知らない言葉が出ると、おもしろいくらいに
区切るところがおかしくなるので、
辞書を引いて、どういう意味なのか
調べるようにしています

2.気になる記事をノートに貼り、
自分の思った事、感じたことを
書くようにしています。

3.語彙力向上には、これが一番効果が
あるのではないかと思います。
朝日小学生新聞には、天声人語のこども版
天声こども語があります。
それを書き写すのです。
専用のノートがあるので、専用ノートで
するのがやりやすいです。

量も大事だけど、質が大事

我が家は、考えて、考えて、考えて
解くので、こなす量は、少ないときもあります。
それでも、考えて解くことに意味があると
思うので、良しとしています。
自分で考えて解けたときの達成感を感じられた
子どもの顔は
ほんとに、キラキラしています。

お手伝いは最高の家庭学習

娘と息子は、晩御飯を作るようになりました。
ヨシケイさんを頼んでいるので、
材料と作り方はあります。
あとは、どのようにすると
効率よくできるのか、考えます。
二人で話し合います。
水の量をはかるときに、
mlをdlに変換したりしていました。
失敗はたくさんしました。
でも、失敗したとき、何がよくなかったのか、
自分で考えます。
どんどんお手伝いしてもらいましょう。

まとめ

家庭学習は、子どもにあわせて、
カスタマイズできます。
大変ですが、親も子も成長していけます。
家庭学習は、こつこつ努力。
こつこつ努力は、これから先、実を結びます

コメント

タイトルとURLをコピーしました