【辞書引き学習】
辞書の使い方は、低学年のうちに教えるのがいいです。

家庭学習

こんにちは、うずそらです。

小学校に上がると、本格的に勉強が始まりますね。
語彙力向上に欠かせない辞書。
この辞書の使い方について、
いつ、学校で習うのか、家庭で、
教えるべきなのか、教えるなら、
どうしていけばいいのか。
辞書の買い替え時って
どう判断したら・・・など、
どうしたらいいの!!!って
思ったりしたことないですか?

うずそら
うずそら

私もありました。上の子が、
卒園したとき、卒園記念で、
辞書をもらったときに、
辞書の使い方は教えた方がいいの?や、
学校に通うようになり、
辞書をバンバン使うようになったころ、
今、使っている辞書、そろそろ
買い替えが必要?と、
頭を抱えたことがありました。

ということで、今日は、
以下のことをお話したいと思います。

本記事でわかること

・辞書の引き方を学校で教えてもらうのはいつ?
・家庭で辞書の引き方を教えよう!
・辞書の買い替え時はいつ?

辞書の引き方は、いつ、学校で習う?

これは、うずそらっこたちの話になりますが、
うずそらっこたちは、二人とも、小学3年で、
辞書の引き方を教えてもらいましたが、
時間としては、1時間だけで、
授業で、この言葉を辞書で探しましょうと
なったとき、
「みつけきれませーーん」や
「言葉がのってませーーん」という言葉が
あちらこちらから飛び交っていたとのことです。
ちなみに、その時の言葉は、
「うどん」と「そば」でした。
さすがに、上記の言葉は、
どんな辞書にも載ってます・・・。

家庭で辞書の引き方を教えよう!

上記で、学校では、小学3年で、
辞書の引き方の学習をすることは
わかりました。
習うまで、辞書の引き方を教えるか、
教えないかですが、
うずそら家は、二人とも小学校に入学してすぐ
辞書の引き方を教えました。

低学年で教えた理由

  1. 低学年は知らない言葉多い。
  2. 学校で習う小学3年生はプチ反抗期が到来。

1.知らない言葉が多いということは、
辞書の活躍の場が多いということになります。
数をこなすことができます。
数をこなせば、どんどん言葉を知ることができます。

2.これは、我が家だけかもしれませんが、
二人とも、プチ反抗期がきました。
教えているけど、
子どもがイライラし、やつあたりし、
その態度に親である私がイライラして、
まさに、「負の連鎖」が起こりました。

低学年で教えるメリット

勉強に対して、やる気マンマンなので、
わからない言葉をどんどん調べていきます。
そして、スポンジが水を吸収するかのように
調べた言葉をどんどん吸収しようとします。
コツをいうならば、調べた言葉のページに
ふせんを貼る
と、これだけ調べたんだ!と
成果が目に見えるので、さらに、
やる気をあげてくれます。
今では、辞書引き用のふせんがあるようなので、
そちらを使用してもいいと思います。
語彙力向上には、やる気は必要です。

上の子の辞書です。もはや、インデックスの文字は見えません。

低学年で教えるデメリット

使い方をマスターするのに時間がかかります。
マスターするまでは、調べるときに、
そばについてあげたほうがいいです。
例えば、「うどん」を調べるなら、
1文字目をあいうえお順で、「う」を探します。
2文字目の「ど」は、
「う」の中から、また、あいうえお順で
「ど」を探さなければなりません。
この仕組みを理解するのに、
ものすごく時間がかかりました。
「う」を見つけたあと、たちつてとのグループに
飛んだこともありました。
なので、使い方を理解するまでは、
親のフォローが必要になります。

辞書の買い替え時はいつ?

最初は、小学生用の辞書を使うことをおすすめします。
よく、大人用の辞書があるから、これを使うという方が
いらっしゃいますが、やめた方がいいです。
小学生用は、言葉をかみ砕いて教えてくれるので、
子どもにとって、わかりやすくできています。
知っている言葉が少ないうちに大人用を使うと、
書かれている言葉がわからず、どんどん、
辞書引きの無限ループにハマります。
時間の無駄です。子供のやる気がそがれてしまいます。
もったいないと思うかもしれませんが、
小学生用を使わせてくださいね。

<いつ、買い替えるのがいいか。>
調べる言葉が辞書に載ってないことが
多くなったとき
です。
我が家では、3年生になったあたりで、
調べる言葉が、辞書に載ってないことが
頻発しました。それによって、
辞書って役に立たないんじゃ???と
ぽそっと言ったことがありました。
これは、まずい!と、
完全に辞書に不信感を持つ前に
辞書の買い替えをしました。

買い替えの際は、店員さんにお聞きしました。
ネットで、いろいろ調べてから購入してもいいと
思います。

我が家は、こちらの辞書を選びました。

うずそら
うずそら

小3息子:語彙力は普通。漢字は習ってなくても
ある程度読める 

うずそら
うずそら

小5娘:語彙力、漢字ともにかなりわかる 

どうしても、載ってないときは、
もう、「広辞苑」に頼ります。

最後に

使い方をマスターするまで、そばについたり、
辞書の買い替えで、お金がかかったりと、
低学年のうちに教えるには、
デメリットがありますが、
それでも、語彙力の向上という
メリットのほうが大きいので、
辞書の使い方を低学年のうちに
教えて、どんどん吸収してもらいましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました