ゲーム・動画視聴はOK?NG?

雑記

こんばんは、うずそらです。

ゲームをしたり、動画視聴するのは
楽しいですね。
今の子どもたちは、ニンテンドースイッチや
プレイステーション、パソコンや、タブレット、
スマホで、昔よりも簡単に、ゲームや
Youtubeで動画を視聴することができます。

いつまでも、ゲームしたり、
動画を見続けていて、
すごく困るんだけど・・。

という、お父さん、お母さんも多いと思います。
ぶっちゃけていえば、ゲームや動画視聴は、
勉強するうえで、敵みたいなものになりますもんね。

今回は、ゲーム、動画視聴について、
どのようにしていくのがいいか、考えている方に
向けてのお話です。

・ルールを決めるなら、決めるうえで必要なこと
・3つのルールパターンのメリット・デメリット
・我が家のルール
と、以上のことがわかると思います。

ルールを決めるうえで、必要なこと

まずは、お子さんと、お父さん、お母さんで、
話し合う必要があると思います。
親が一方的に、ルールを決めるのは、
命令になってしまうからので、それは、
ルールとは違うものだと思います。
お子さんにも、親御さんにも、どうしても
譲れないところがあると思うので、
まず、お互いに、その譲れないところを
知っておくことが必要です。
それを踏まえての、ルール作りとなります。
ルールを作るとしたら、だいたい、
3つのパターンに当てはまるのではないでしょうか。

ゲーム・動画視聴は完全NG!

読んで字のごとく、ゲームも動画視聴も、やっても、
みてもいけないというものです。

<メリット>

・ゲームや動画視聴に使っていた時間を、
 勉強や習い事の練習、その他に使うことができる。

・ゲームでのトラブルに巻き込まれない(金銭トラブルなど)

私の個人的な意見ですが、完全NGでの大きなメリットは、
金銭トラブルにまきこまれないことですね。
実際に、我が子の周りで、「誕生日プレゼントとして、
ゲームのカードをくれ」などのトラブルが発生しているので、
このトラブルに巻き込まれないというのは、
精神衛生上、大きなメリットです。

<デメリット>

・ゲームをしたい、動画を見たい欲求は、別のところで
 発散される

また、ゲームを禁止されている子が、
他のお友達の家で、ゲームをしたいがために
お邪魔するという子もいたりするので、
親の知らない部分で起こることに対する
対応が難しいところです。

ゲームも動画も自由にOK!

先ほどの完全NGの正反対のルールです。

<メリット>

・子供はのびのびできる
<デメリット>
 
・時間無制限なので、だらだらしてしまう
ゲームも動画も楽しいものなので、
どうしても、長時間することになり、
だらだらしてしまいます。

条件つきで、ゲームも動画もOK!

動画やゲームに時間の制限をしたり、
条件を満たせば、OKというようなルールです。

<メリット>

・制限があるので、長時間にならない
・条件によれば、ゲームや動画はごほうびとなる
<デメリット>
 
・このルールをいきなり高学年で
 スタートするのは反抗期もあり、
 難しい。

うずそら家のルールは?

うずそら家では、やることをやってしまえば、
寝る時間まで、動画視聴はフリー
となっています。
ゲームに関しては、土日祝がOKで、
二人とも、違うゲームを
したがるので、一人2時間ずつと制限を
かけています。やる順番等は
本人たちが話し合って決めています。
お互いの計画を知って、落としどころを
探すということも必要なことです。
その日のやることは、
朝起きて、本人たちが、
やることリストを書きます。
書かれたリストを私がチェックします。
(足りないものがあれば、これもしてね。と
足してもらいます)
あとは、朝勉や帰宅後に、どんどん、
リストを消していくだけです。

なぜ、このようなルールにしたか

まず、母である私が、ゲームが好きなんです。
なのに、子どもたちにゲームをするなとは
言えなかったです。説得力なさすぎです・・・。

そして、楽しんでやることもあっていいのでは
ないかと思ったから。
うずそら家では、よく、家族全員で、
「マリオカート」対決をやっています。
ぎゃーぎゃー言いながら、楽しくやっています。
ゲームの話で、盛り上がったりもします。
家族団らんにも役にたっているので、
これはこれでありだと感じています。

ゲームには、考えてやるものもあります。
「テトリス」「ぷよぷよ」「マインクラフト」
「ドラクエビルダーズ」その他にもいろいろ
ありますが、先読みの力や計画を進める力など
必要なゲームもあります。ゲームで養った力が
意外と現実で、役にたったりします。

気をつけていることは、寝る時間を変えない

うずそら家の寝る時間は21時半です。
ここだけは譲りませんでした。
朝、勉強をする時間や
習い事の練習時間の確保のためです。
娘(小5)は6時に起きて、1時間、
ピアノの練習をしますし。遅くまで
起きても、パフォーマンスが悪かったので、
21時半には寝るようにしています。
寝る時間を決めていれば、
そこから逆算して時間を計算
し、
自分でプランを立てて、やることリストを
消化していってます。遅く終わらせてしまったり、
雑にするとやり直しが発生し、
フリーの時間が減ってしまうので、
本人たちは、必死に、きっちりを仕上げてきます。

まとめ

ゲームも動画視聴も、見かたによっては、
敵にも味方にもなるものだと思います。
ご家庭で、よく話し合って、
それぞれのご家庭にあったルールで、
ゲームや動画に、付き合っていけるように
していければいいなと思います。
たまに、ルールのアップデートも必要なときも
あると思うので、その時は、また、話し合って、
いい方向に向かっていければいいのではないでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました