【子ども用新聞】朝日小学生新聞ってどんな感じ?

家庭学習

こんにちは、うずそらです。

お子さんが、小学生になり、子ども用新聞の購読を検討されているご家庭もあるのではないでしょうか?

現在、全国紙で、子ども用新聞を出しているのは、朝日、読売、毎日の3紙です。

各紙、どんな特徴があるのか、自分の子供にあうのか?わからないことだらけですよね。

むすめ
むすめ

我が家では、読書もかねて、
子ども用新聞を2紙
購読しています。
「朝日小学生新聞」と

「読売KODOMO新聞」です。

読売KODOMO新聞は、以前、
ご紹介させていただいたので、
そちらをご覧ください

今日は、朝日小学生新聞のことを紹介していこうと思います。

ここでは、以下のことをお話ししていきますね。

本記事でわかること

・朝日小学生新聞の基本情報(料金、発行頻度、大きさ、ページ数)
・朝日小学生新聞のメリット、デメリット
・天声こども語の活用法

朝日小学生新聞

朝日小学生新聞の基本情報

発行頻度
毎日(月1日休刊あり)
料金1769円/月
大きさ大人用新聞と同じ大きさ
ページ数8ページ

毎日の発行ですが、ページ数は8ページと多くなく、中は、曜日によって変わりますが、ニュースわかったくんや、いきもの特集、朝小図書室など、バラエティ豊かで、子どもが飽きない工夫がされています。

お子さんが、真っ先に飛びつくとしたら、8面のマンガと小説かなと思います。

マンガはひと月交代で、我が子たちは、「戦国野菜 じゃが武者」が大好きで、スクラップブックにするほどです。

朝日新聞と言えば、「天声人語」ですね。

朝日小学生新聞には、その子ども版「天声こども語」があります。

月~金曜日の週5日、1面に掲載中。

こちらが、「天声こども語」です。子供がわかりやすい話から、掲載されています

朝日小学生新聞のメリット・デメリット

【メリット】

・毎日発行なので、掲載されるニュースが、前日のものだったりと新しい。
・中学受験に役立つといわれている時事ニュースが、子どもにわかりやすく掲載されている
・中学受験の情報、学習の記事が掲載されている

朝日小学生新聞は、中学受験界では、とても役にたつものとされています。

特に、時事ニュースは、子どもには難しい言葉、GDPや、WHOなどの言葉を子どもがわかるようなに説明されているところがポイント。

最近では、「コロナウイルスの変異株って?という記事があり、どうして、変異株が出来るのかということを、イラストと、わかりやすい説明で掲載されていたので、子どもも理解しやすくなっていました。

大人の私でも、おお、そういうことなのか!と思えるほど、詳しく書かれていました。

中学受験の情報ですが、月に数回、別刷りのものが入っています。

そこには、入学説明会の日程や、学校の情報が掲載されています。

今月は、中学入試スタートとして、4科(国語、算数、理科、社会)の学習ポイントを塾の先生が教えてくれるコーナーで、通塾していない我が家では、どういう風に、手を出していけばいいか、参考にしています。

【デメリット】

・広告が多い

デメリットに関しては、ほんとに、これだけです。

1面広告のみとなっているのもあります。

我が子の話になりますが、ルンルン気分で、記事を読み進めていったら、次が、広告で、テンションが下がるそうです・・・。

天声こども語の活用法

お父さん、お母さんで、中学、高校の時、「天声人語」の書き写しをされた方がいらっしゃると思います。

その書き写しを、「天声人語」でやるのではなく、「天声こども語」でやります。

天声こども語の書き写しは、
普通のノートでもできるのですが、
私個人の意見としては、
「天声こども語ノート」
使用することをおススメします。

A4サイズの大きさのノートです。
なので、普通のノートより大きいですね。
見開き1ページが1回分となります。
最大の特徴は、
マス目の数、行数が
紙面の天声こども語と全く同じ

なっています。なので、途中の
写し間違いに気づきやすいです。
最大の要約と言われるタイトルを
つける欄や、わからない言葉を
調べる欄、そして、要約、感想を
書く欄
があります。
このノートに、国語力をあげるために
やってほしい、調べる学習、
読解力向上とつまっています!

最後に

朝日小学生新聞は、エンタメ要素は
少ないですが、パズルやクイズがあったり、
歴史のマンガが載っていたり、
親には、中学受験の情報があったりと
欲しいところに手が届くような
紙面となっています。
去年は、コロナウイルスによる
前代未聞の事態に陥り、
それに伴い、休校があったので、
子どもたちの疑問に答えたり、不安などに
寄り添う記事もありました。
その寄り添う記事があったのは、
親としては、すごくありがたかったです。
毎日、ニュースに触れることによって、子どもでも、
世の中のことを知ることができます。

うずそら
うずそら

ぜひ、読書の一環として、朝日小学生新聞の記事を
一つ読むことから始めてみませんか?

今回の内容が、参考になれば、嬉しいです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました